×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

社会保険労務士という職業はどうしてくつられたか。社会保険労務士について徹底分析
サーチ@社会保険労務士

サイトマップ

ブックマークに追加する

サイトイメージ:社会保険労務士について徹底分析!「サーチ@社会保険労務士」

社会保険労務士とは

社会保険労務士の定義は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」と法律により定められています。

人事総務部門のビジネスマン・OLであれば誰でも知っている国家資格社会保険労務士資格。厳しい雇用環境、大型化する労災事故、膨らむ医療費、年金未納・未加入問題、高い失業率、ますます少なくなった失業保険など、会社だけでなく国民の生活や雇用を脅かす重要な問題です。 これらの問題に精通したスペシャリストが社会保険労務士です。

この厳しい雇用環境・ビジネス環境のなかで生き残るため、社会保険労務士は、それにふさわしい資格であることに間違いはありません。

社会保険労務士の仕事は大きく3つに分けることができます。

労働社会保険に関する書類作成 資格取得・喪失届や労働保険料申告書作成など、扱う書類は多岐に渡ります。帳簿書類の作成事務賃金台帳・労働者名簿の作成業務人事担当・経理担当として携わっている方の、給与計算や人事異動・人事管理の業務です。

労務管理・労働社会保険に関する相談業務 つまりコンサルタント業務です。